高収入在宅副業のAppenって実際どんな仕事をするの?その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appenアペン(アッペン)の実際の仕事とは

PexelsによるPixabayからの画像

こんにちは!ゆうぞうです。雄(オス)に三(サン)と書きます。
三男丸出しの名前ね。

今回はAppenの実際の仕事ってどんなことをするの?っていうお話をしようとおもいます。

とりあえずおさらいとして、

Appenとは

Appen」というのはオーストラリア・シドニーを本拠地としている会社で、ざっくり言うとIT系の機器やサイト、ソフトなどの音声のサンプル収集や、意見、批判、アンケートなどのデータを収集している会社です。Appenではリモートワークで世界中の人が働いています。日本でも多くの方がAppenで働いています。

ざっくりというと、インスタやfacebookなどのSNSアプリ検索エンジンアレクサsiriなどの音声認識システムの機能向上のために世界中の人(ボクのような)を集めて、声のサンプルを取ったり、広告を評価させたり、map機能の誤りを探して訂正したりする仕事を斡旋してくれる会社です。

時給が高いのも人気の秘密ですが、ある程度の英語力が必要となります。

逆に、少しでも英語分かる方にはお勧めします!

Appenでは基本的にAIを適切に動かす為に実際の人間の意見や感想、普段の会話、映像など莫大な情報を集めている会社です。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

Appenの仕事とは

なのでAppenを通じて仕事をする人はサンプルを提供するような仕事がメインになります。

実際にボク自身が経験した仕事の具体的な内容を紹介しますので、参考にしてくださいね。

・スマホを使ってInstagramやfacebookに流れてくる広告を評価する。

「評価する人」のことをEvaluatorと言います♪

Instahgramやfacebookに現在流れている広告を、不適切な部分がないかチェックするプロジェクトです。スマホでできるので空いた時間などで稼げたのが良かったですが、2021に入ってプロジェクトは下記のパソコンで評価するプロジェクトに変更になりました。

・PCを使ってInstagramやfacebookに流れてくる広告を評価する。

これは2021年に始まった「Ogden」というプロジェクトで、TrukeeやInariUCなど4つのプロジェクトが合わさった巨大プロジェクトです。やることはAppenから指示されるサイトに行って、Instagramとfacebookに流れてる広告を不適切かどうかなどチェックして最後にその理由を英語で記入するというものです。

MonikaPによるPixabayからの画像 

・Google mapに実際に検索されたワードと実際の検索結果が合っているのか調べて評価する。

これは「Shasta」というプロジェクトで地図好きならとても面白いプロジェクトなんですが、ガイドラインが200ページを超える難関プロジェクトとしても有名です。検索ワードに照らして、Google mapに出てくるピンのポイントの実際の住所をグーグルで探してチェックしたり、ピンが落ちた場所が検索結果の意図する場所にちゃんと刺さっているかなどを報告します。

・ある検索ワードに対する検索結果を適正準にならべる。

このタイプのプロジェクトは何種類かありますが(Baneなど)、ボク的には何が正解なのか分からず適性準を決めている感があります。笑

あまりコンスタントに仕事は貰えないのですが、ボクはこれらのプロジェクトの面白さが分からないので仕事が来てもスルーすることもあります。

ガイドラインが不親切だと感じる時もあります。日本は何でも至れり尽くせりですからね。

なんとなく仕事の想像がつきましたか?

まだボクが経験した仕事はあるのですが、書くの疲れてきたので笑、今回はこの辺で。

疲れたのね。いい大人の発言とは思えないわ。

いま思い出しただけでも結構ありますね。ボクとしてはアプライできそうなプロジェクトは片っ端から申し込んで、チャンスが来たらとりあえず試しています。どれが自分に合ったプロジェクトか始まってみないと分かりませんからね。実は仕事を始める為のテストも結構落ちています。笑

でも自分にあったプロジェクトに当たると楽しみながら仕事ができるのでAppenはおすすめです。

また次回残りの仕事をざっくりご紹介しま~す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*