【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス請求書の作成方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appenインボイス(self reported)の作成方法

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス請求書の提出について

↑の続編です。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

インボイスの作成方法

こんにちは!ゆうぞうです。このページではAppenのインボイス作成方法についてお話したいと思います。

プロジェクトにはself reportedauto generatedの2種類があります。

ここでインボイスを作成するのは「self reported」のプロジェクトだけになります。

auto genaratedのプロジェクトは自動的にAppen側が計算してインボイスに追加してくれるので、ここでは気にしなくて大丈夫です。

「My Invoices」>「Modify Invoice」>「Add New Row」からお話します。

「Add New Row」をクリックします。

すると下記のようなプロジェクトの労働時間と日付などを記入できるが出てきます。

クリックした途端、ページの下の方に移動してしまうので少し戸惑ってしまいますが、スクロールするとちゃんと上に「列」ができています。

「Date」の空欄をクリックするとカレンダーが出てきます。

あるプロジェクトの仕事量を申請する場合申請に必要な情報は上から、

Date 仕事をした日付

Type ※ すいません、これに関してはちょっと分かりませんが、いつも「Regular」を選択しています。「Regular」しか選択肢が出てきたことがありません。多分いつか「イレギュラー」的なプロジェクトに当たったら「イレギュラー」とか出てくるのかもしれませんが、、。また分かり次第、修正説明を入れます。

Project プルダウンメニューにあなたの携わったself reportedのプロジェクトの一覧が出てきます。今回申請したいものを選択してください。

Task Type ※ 再びすいません!これもよく分かっていません。でも今のところ「Default」しか出てきたことがないので、それを選んで問題なく提出できています。

Time Worked 仕事した時間ですね。何時間、何分と記入します。

# of Piece Rate Task ※ 三度すいません、、、笑。これも何の数字なのかよく分かっていません。分かり次第ご報告します。でもこちらから申請する数字ではないので、ほって置いても問題なく報酬は受け取れます♪

いい加減な説明ですいません、、、。

で、上記のように一日ごとに「列」を作って、申請していきます。

※ そのためには日々の労働時間の記帳が必要です。

一度で申請が終わらない場合は「Save Draft」をクリックして保存しておきましょう。

インボイスの申請方法

全ての記入が終わったら「Submit Invoice for Approval」で申請を終わらせます。

その時に提出の締め切りをきちんとチェックしておきましょう!

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス提出の期限について

auto generatedのプロジェクトがまだ反映される前に「Submit Invoice for Approval」をクリックすると、下記のような「注意」が表示されて教えてくれます。

 

「Submit Invoice for Approval」が正常に完了すると、下記の赤く囲んだ箇所が、

「Submitted」(提出済み)になります。そしてそのあと、

「Ready for Review」(リビューすることができます)

「Approved」(Appenサイドに承認されました)

「Payed」 (報酬が支払われました)

となります。

「Ready for Review」以外のそれぞれの段階でAppenに登録してあるアドレスにメールが届きます。

 

以上がAppenインボイスの作成方法になります。少し分かっていない部分もありますが、とりあえずはこれで労働時間を提出することはできるとおもいますので、参考にしてみてください♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*