スマートスピーカーで参加!AppenプロジェクトAtascadero

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートスピーカーを持っていれば参加可能、プロジェクトAtascadero

こんにちは!ゆうぞうです。今回はスマートスピーカーを持っていたら参加できるプロジェクトのご紹介です。

Free-PhotosによるPixabayからの画像 

プロジェクトAtascadero

All Projectsに進んで見るとAtascaderoの説明はこんな感じです。2021年4月現在。DeepLで翻訳しました。

Atascadero Q4 2020|データコレクタ
スマートスピーカーのユーザー行動調査(Atascadero Q4 2020)
Appenは現在、Amazon EchoやGoogle Homeなどの家庭用スマートスピーカーとの日々のやり取りの質をどのように向上させることができるかを理解するための研究を行っています。その一環として、現在、この種の家庭用スマートスピーカーへの音声コマンドのトランスクリプトを共有する参加者を募集しています。

ホーム・スマート・スピーカーを通じて音声アシスタントを定期的に使用している方を募集しています。本研究の参加者は、以下の国に居住し、スマートスピーカーに対応する言語を使用していることが求められます。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

どんなプロジェクト?

今ではAmazon EchoやGoogle Homeなどの家庭用スマートスピーカーを利用している人が沢山います。Atascaderoはそのようなスマートスピーカーと人が日々どのようにやりとりをしているのかをサンプリングするのが目的のプロジェクトです。

このプロジェクトに携わるということは、これからのテクノロジーの発展の一端を担ってるような気分でちょっとワクワクしますね。

ben donによるPixabayからの画像 

スマートスピーカー持ってる方は是非チャレンジしてみてください。このプロジェクトのサポートチームから「新しいタスクがありますよ」的なメールがすごくたくさん来るので、参加者が少ないんじゃないかとボクは思っています。狙い目ですね。

実はこのプロジェクトがしたくて2,000円弱のスマートスピーカーを買いました。でも、新品で買ったのにどうしても音が出ないので、部屋の飾りになっています、、、。Googleに問い合わせたら、正規店で買ってないものは保証できないと言われました、、、。皆さんは正規店で買いましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*