インボイス・報酬受け取り方法

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス請求書の作成方法!

Appenインボイス(self reported)の作成方法

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス請求書の提出について

↑の続編です。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

インボイスの作成方法

こんにちは!ゆうぞうです。このページではAppenのインボイス作成方法についてお話したいと思います。

プロジェクトにはself reportedauto generatedの2種類があります。

ここでインボイスを作成するのは「self reported」のプロジェクトだけになります。

auto genaratedのプロジェクトは自動的にAppen側が計算してインボイスに追加してくれるので、ここでは気にしなくて大丈夫です。

「My Invoices」>「Modify Invoice」>「Add New Row」からお話します。

「Add New Row」をクリックします。

すると下記のようなプロジェクトの労働時間と日付などを記入できるが出てきます。

クリックした途端、ページの下の方に移動してしまうので少し戸惑ってしまいますが、スクロールするとちゃんと上に「列」ができています。

「Date」の空欄をクリックするとカレンダーが出てきます。

あるプロジェクトの仕事量を申請する場合申請に必要な情報は上から、

Date 仕事をした日付

Type ※ すいません、これに関してはちょっと分かりませんが、いつも「Regular」を選択しています。「Regular」しか選択肢が出てきたことがありません。多分いつか「イレギュラー」的なプロジェクトに当たったら「イレギュラー」とか出てくるのかもしれませんが、、。また分かり次第、修正説明を入れます。

Project プルダウンメニューにあなたの携わったself reportedのプロジェクトの一覧が出てきます。今回申請したいものを選択してください。

Task Type ※ 再びすいません!これもよく分かっていません。でも今のところ「Default」しか出てきたことがないので、それを選んで問題なく提出できています。

Time Worked 仕事した時間ですね。何時間、何分と記入します。

# of Piece Rate Task ※ 三度すいません、、、笑。これも何の数字なのかよく分かっていません。分かり次第ご報告します。でもこちらから申請する数字ではないので、ほって置いても問題なく報酬は受け取れます♪

いい加減な説明ですいません、、、。

で、上記のように一日ごとに「列」を作って、申請していきます。

※ そのためには日々の労働時間の記帳が必要です。

一度で申請が終わらない場合は「Save Draft」をクリックして保存しておきましょう。

インボイスの申請方法

全ての記入が終わったら「Submit Invoice for Approval」で申請を終わらせます。

その時に提出の締め切りをきちんとチェックしておきましょう!

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス提出の期限について

auto generatedのプロジェクトがまだ反映される前に「Submit Invoice for Approval」をクリックすると、下記のような「注意」が表示されて教えてくれます。

 

「Submit Invoice for Approval」が正常に完了すると、下記の赤く囲んだ箇所が、

「Submitted」(提出済み)になります。そしてそのあと、

「Ready for Review」(リビューすることができます)

「Approved」(Appenサイドに承認されました)

「Payed」 (報酬が支払われました)

となります。

「Ready for Review」以外のそれぞれの段階でAppenに登録してあるアドレスにメールが届きます。

 

以上がAppenインボイスの作成方法になります。少し分かっていない部分もありますが、とりあえずはこれで労働時間を提出することはできるとおもいますので、参考にしてみてください♪

 

 

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス提出の期限について

Appenインボイスの提出について

Kirill AverianovによるPixabayからの画像 

ある月の「インボイスの提出について (Invoice Submission)」を意訳しました!ご参考までに。

インボイス提出の期限は毎月発表されますので、忘れずにチェックしましょう!

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

*****************************************************************************************
【注意】インボイスの提出期限の日時は営業日等によって前後します。仕事をした翌月の4~5日前後がインボイス提出のデッドラインとなります。月によって異なりますので月末の「All Projects」ページの右部分を必ず確認して、までに必ず提出するようにしましょう!
*****************************************************************************************

インボイスはサービス(仕事・タスク)が完了した月の翌月1日に提出可能です。self reported(自己申告制)のプロジェクトのみをご利用の場合は、1日請求書を提出することができます。

auto generated(自動生成された)プロジェクトに取り組んでいる場合は、毎月最終日のデータ第1営業日の午後5時(PST)から(Appen側へ)アップロードされますので、auto generatedされた時間がすべて表示されるまで請求書の提出をお待ちください

1ヶ月に1つの請求書しか作成できないため、すべてのプロジェクト(self reported とauto generatedの両方)同じインボイスで作成する必要があります。同じ月に複数の請求書を作成することはできません。

インボイスの提出が早すぎたりプロジェクトを提出し忘れてしまったりすると、支払いが大幅に遅れたりきちんとした支払いができないばかりか、修正ができなくなります。「Submit for Approval」のボタンをクリックする前に、請求書をよく確認してください。

すべての時間に同意した場合のみ、翌月の5日の16時(PSD)までに請求書を提出してください。

この日時、翌月の5日16時(PST)以降に提出された請求書は遅刻とみなされ、翌月14日(PST)の支払いサイクルには含まれません。これはタイムリーに自動生成されないプロジェクトも含まれます。これにより、ユーザーであるあなたは時間通りにインボイスを提出することができ、私たちファイナンスチームは確実な支払いを時間通りに行うために効率的な処理を開始できます。

理解すべき重要なポイント

1. タスクデータは、ファイナンスチームではなく、プロジェクトチームがアップロードします。– 私たちは、クライアントツールにアクセスして時間を確認することはできません。

2. 2. 請求書に何か問題がある場合は、ticket(メール)を作成し、プロジェクト、日付と時間具体的に記入してください。単に時間の合計量を提供しないでください。もしあなたのticketが、Appen側が生成した労働時間に異議を唱えるためにファイナンスチームに送られた場合は、プロジェクトチームに転送されます。同じ問題について1枚のticketを送信する必要があります。複数のticketを送信すると、後回しになります。

3. 3. 請求書提出期限前の月のタスクの自動請求書生成は、翌月1日の17時(PST)、翌月2日の2時(PST)、翌月3日の0時(PST)の3回行われます。第3回目の生成は、すでに提出されたがまだ承認されていない請求書の修正のためのものです。

※ 翌月1日と書きましたが、1日や2日が休日の場合はその分ズレると思います。

Free-PhotosによるPixabayからの画像 

4. 「翌月 1日にインボイスと時間を提出したがまだ承認されていないのですが。」というticketは提出しないでください。請求書の承認は翌月3日(金)17時時(PST)に開始されます。これは、すぐに承認されるという意味ではなく、集計のプロセスが開始されたことを意味しています。

5.  タイムリーな承認・修正に努めておりますが、必ずしも可能とは限りません。はい、本当に内部の従業員の問題(データが時間通りにアップロードされていない)である可能性がありますが、他のユーザーが時間通りに請求書を提出していないなど、いくつかの様々な状況があります。

a. 例1 2020年4月4日インボイスの送信をクリックしたが、本当に送信されたかどうか確認していない。その後、ログインしてステータスを確認し、インボイスが送信されていないことに気付いたので、2020年4月10日に再度インボイスを送信したので、14日に支払いが行われることを期待していました。(でも送信されない)。インボイスで最初に送信をクリックした後は、必ずインボイスタブに戻って、ステータスが本当に送信済みであることを確認してください。「4日に提出したのに」というticketを送らないでください。システムログがないため、お客様側で確認しているものとは異なるものが表示されることがあります。

b. 例2 2020年4月6日にインボイス再提出した場合、4月6日は上記の締切時間を過ぎているため、4月14日にインボイスが支払われるとは限りません。self reportedのプロジェクトでは、許可された時間以上の請求をしすぎていないか確認してください。プロジェクトの生産性とインボイス発行ポリシーを確認してください。過剰請求は自動的に却下されます。ポリシーに記載されているNET30の支払い条件でしかご提供できません。遅延したインボイスの内容は翌月のインボイスに追加される可能性があります。

6. 6. 私たちは誰もが様々なシチュエーションを持っていることを理解しており、プロジェクトチームとコミュニケーションを取り、14日までの支払いに向けてタイムリーに提出されたインボイスを処理するために、私たちの役割を果たすことができるように努力を続けます。私たちは、独立した請負業者としてのハードワークに感謝し、以下のことを願っています。

インボイス提出の手順については下記リンクをクリック!

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス請求書の提出について

 

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス請求書の提出について

Appenのインボイス(請求書)提出方法

Joshua WoronieckiによるPixabayからの画像 

こんにちは!ゆうぞうです。

今回はAppenのインボイス(請求書)の提出方法についてお話します。

始めたばかりの時はどうしたらいいのか戸惑うことも多いので、できるだけ分かりやすく説明したいと思います。

本当に分かりやすいのかしらん。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

インボイスの種類

Appenのプロジェクトには2つの種類があります。

auto generated (オートジェネレイテッド)とself reported(セルフレポーテッド)です。

【重要】インボイス提出前までにしておくこと2つ!

1、自分がやっているプロジェクトがauto generatedself reported確認しておくこと!

2、どちらの場合にしろ、仕事をした時間数を計測しておくこと!

auto generatedの場合でも自分の計測とAppen側が出してくる数字が異なる場合に備えて仕事量を計測おきましょう。もし異なる場合はプロジェクトにticket(メール)を送って抗議する必要があります。

※※ でもボクの場合はAppenでは今のところトラブルらしいトラブルはありません。でもAppen Chinaのプロジェクトの場合、報酬の計算方法がとても複雑で、報酬が振り込まれるのに3か月待ちなどの場合もあり、すこし困惑した経験があります。

auto generated (オートジェネレイテッド)

auto generated は自動的に仕事量をAppen側が測定集計してくれます。「My Invoices」のページに自動的に報酬が反映されるので、内容を確認してそれを「Submit」提出します。自分で仕事時間を記入してはいけません。

self reported(セルフレポーテッド)

self reported の場合は作業時間自分で計算して1か月分を合計して提出するようになります。

この場合はプロジェクトごとに労働時間を算出し、提出します。

インボイスとは

インボイスとは「請求書」のことです。Appenでは自分で働いた分を自ら申請する(self reported)かAppen側が集計したもの(auto generated)を確認して、Appenに請求するシステムを取っています。

インボイスを提出する方法

1、まず自分のAppenページの「My Invoices」をクリックします。

するとこのような画面が出てきます。

ボクの場合はもうすでに1年以上Appenで仕事をしているので過去の報酬の記録も確認することができます。

上の表で一番上の列(01/01/2021-01/31/2021)がこの表で言うところの、最新の情報になります。

まだインボイスを作っていない状態なので、auto generatedのプロジェクトの報酬が表記されています。

※ 上記は、ほんの少し試してみて自分に合わなかったので止めたプロジェクトです。報酬が「$1.80」しかありません笑。なんかちょっと恥ずかしいですね。人に見せる事になるならもっと稼いでおけばよかった笑。

うだつの上がらない男ってことね。

で、ここからself reportedの労働時間を入力していく作業になります。

Free PhotosによるPixabayからの画像 

2、上の表の右端にある「Modify Invoice」をクリックしてください。

下記のようなページが出てきます。

ボクのインボイスです。

各部分の説明

① 「Add New Row」self reportedのプロジェクトの労働時間を申請する場合はこのボタンをクリックします。詳細は下記で説明します。

② 「Submit Invoice for Approval」最終的にその月の全ての仕事量を申請するときはここをクリックします。インボイスは月に一度しか提出できないので、提出前に申請漏れがないかチェックしてくださいね。

③ 「Creating Invoices」インボイス作成の注意事項が書かれています。日本語訳はこちらをクリック!

 「Projects with auto generated invoice」今までに参加したことのあるauto generatedプロジェクトの一覧です。自分が参加したプロジェクトでここに載っていない場合はself reportedなので労働時間の提出が必要になります。

インボイスを提出できる時期

ある月のインボイスの提出は、self reportedのプロジェクトだけ参加した方は、PST(太平洋時間)の次の月の1日に提出可能です。例えば、1月のインボイスはPSDの2月1日に提出可能ということです。

JSTをPSTに換算するにはこのサイト!(ちなみにJSTは日本標準時です)

・auto generated の場合はある月の最終日の労働時間が計測され始めるのが、PST(太平洋標準時間)最初の営業日17時です。それがインボイス上に反映されるのにはしばらく時間がかかります。数日かかることもよくあります。労働時間と報酬がインボイスに反映されるまではインボイスの提出は行わないでください

営業日等によって前後しますが、仕事をした翌月の4~5日前後がインボイス提出のデッドラインとなります。月によって異なりますので月末の「All Projects」ページの右部分を必ず確認して、までに必ず提出するようにしましょう!

毎月のデッドラインの確認は忘れずに!

※ 現在(2021年2月)はなぜか「All Project」ページがメンテナンス中なのか、すごくシンプルなデザインに変更されていて右側にあったお知らせが見えなくなっています。

AppenのInvoice Submission(インボイス提出について)を訳しました。さらに詳しい説明がされています。下記リンクをクリック!

Invoice Submission

インボイスの作成方法(別ページで紹介しています)

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス請求書の作成方法!はこちら!

 

【重要】Appenアペン(アッペン)インボイス作成・提出時の注意事項

Appenアペン(アッペン)インボイス作成・提出時の注意事項について

こんにちは!ゆうぞうです。

インボイス作成時の注意事項(下記③の部分)の日本語訳を載せておきますので参考にしてください♪

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

このページ↓にたどり着けない方はこちらを参照してください。

の日本語訳】

請求書の作成

インボイス(請求書)は、請求期間終了後に提出することができます。

タイムエントリー

請求書に新しい項目を追加するには、「 Add New Row」ボタンをクリックします。

作業したプロジェクトごとにエントリ(プロジェクトの仕事量を提示する)を作成する必要があります。1日の間に複数のエントリを作成する必要がある場合もあります。例えば、同じ日に午前10時から午前11時30分までユーコンプロジェクトで作業し、午後2時から午後4時30分まで揚子江プロジェクトで作業した場合、各プロジェクトごとに1つづつエントリーを作成する必要があります。

すべての作業時間を太平洋時間(Pacific Standard Time: 略称PST)に変換して、正しい日に(作業した)時間を追加するようにしてください。例えば、1月02日の午前1時00分(東部標準時Eastern Standard Time: 略称EST)から午前5時(EST)まで作業した場合、1月01日に2時間、1月02日に2時間の請求書を作成することになります。

※ 日本の時間は日本標準時JSTを採用しています。JSTをPSTに換算するにはこのサイト

まじめな話すぎてつまらないわ。
インボイス作成ってすごい重要なんですよ。

請求書の保存と提出

 Save Druft」ボタンをクリックすると、この請求書のコピー保存することができます。このページに戻って、下書きのインボイスの編集を続けることができます。一度送信された請求書を編集することはできません 請求書の作成が完了し、追加の編集がない場合は、「 Submit Invoice for Approval」ボタンを使用して請求書を送信してください。

支払い条件に関するポリシー

・インボイスが支払われる前に、当社(Appen)は(評価者が行った)仕事またはサービスを受領しなければなりません。

インボイスの支払条件は、請求書の受領日、または仕事やサービスの受領日のいずれか遅い方を基準としています。

・インボイスの支払期限が週末または休日の場合、インボイスは翌営業日に支払われます

・インボイスが削除された場合、またはデータの欠落や不正確さを理由に返送された場合は、修正されたインボイスの受領日に基づいて条件が計算されます。

※修正前の受領日ではなく、修正で提出が遅れた場合でも再提出された日時を基準に支払いが行われるという意味だと思います。

・インボイスは、connect.appen.comウェブサイトで利用可能なオンライン請求書システム(上記ページのこと)を使用して提出する必要があります。

・Appenの標準的なインボイスの支払い条件は、別途合意がない限り、Net 30です。本ポリシーが現地の法律に抵触する場合、Appenは現地の法的要件を遵守します。

Net30 とは売上総額から前回の支払いや割引分を差し引いた額を30日以内に支払うという意味。

※前回のインボイスから漏れた仕事に関しては次回のインボイスで帳尻を合わせる、というような意味だと思います。

まとめ

ここで重要なポイントは2つ

1、提出は太平洋時間PSTを基準に行わなければならない

2、インボイスは一度提出したらもう編集できない。記入漏れがあれば翌月に繰り越される

 

 

Appenアペン(アッペン)の報酬を受け取るのはpayoneer(ペイオニア)で!

Appen報酬はpayoneerで受け取ります

Anja🤗#helpinghands #solidarity#stays healthy🙏によるPixabayからの画像 

こんにちは!

Appen Evaluators’ Caféのゆうぞうです。 今回はAppenでの仕事で報酬が発生した場合の受け取り方法についてお話します。

「アペンエバリュエーターズカフェ」って長い名前ねぇ。もっと短くてシュッとしたの他になかったのかしら。
、、ボク的には割といい名前なんじゃないかと、、、。

Appenに登録して、しばらくすると仕事ができるようになります。沢山あるプロジェクトに登録してもAppen側からの承認がないと仕事が貰えないので、しばらくは承認のメールを待つこととなります。

時期やAppenの登録者数によって違うと思うのですが、ボクの感覚や知り合いのAppenワーカーの話を聞く限りでは、最初の承認メールが届いて仕事ができるようになるまで早くて2週間、遅くて1ヶ月以上掛かるようです。

この待つ期間どうにかならないかしら。

基本的にAppenの報酬は1ヶ月単位で支払われます。プロジェクトによって様々ですが自己申告のものと自動的に仕事量を計算してくれるものの2種類があります。

その時に報酬を受け取るのがpayoneer(ペイオニア)というサービスになります。Appenに登録後「Register to payoneer」というメールが届きます。初めてのプロジェクトの参加が決まったぐらいのタイミングで送られてくることが多いそうです。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

payoneerとは

このpayoneerは国外国内関係なくネット上で簡単に送金ができるサービスです。下のpayoneerロゴをクリックするとアカウント開設ページに飛びます。

 

海外でカフェトークのフィーを受取るならペイオニア!

payoneerの特徴

・新規アカウント開設費が無料

・取引先からの入金も他のアカウントへの外貨送金も手数料無料

・日本の銀行口座出金時の為替手数料は市場の為替レートの2%以下

※ 過去12ヶ月に一度も取引がない場合のみ$29.95/年アカウント維持手数料が掛かりますのでご注意下さい。

Appenの仕事を辞める際はpayoneerのアカウントも解約することをおすすめします。

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像 

payoneerのアカウントを持つと海外に口座を持つような感じなので、海外に知人などがいる場合はとても便利に使えると思いますよ。

payoneerにアカウントを持つと自然と為替の動きも気になってきます。Appenの報酬が$1,000だった場合、為替手数料を引いた相場が1ドル=103円だった場合と1ドル=104円だった場合で1,000円の差額が出てきます。

何もせずに1,000円ゲットできたり1,000円失ったりするので出金のタイミングは毎月ちょっと考えてしまいますね。

朝のニュースで為替レート見るようになりました!

余裕があれば円安になるまでpayoneerに報酬をプールしとけばいいんでしょうけど、なかなか日々の出費がそうさせてくれない現状があります、、、。笑

今のところpayoneerでも何のトラブルもなくきちんと入出金できていますので、安心してお使い頂けるとおもいますよ。