プロジェクト

Appen9から招待状が届きました。プロジェクトNelson

Appen9から招待状が届きました。プロジェクトNelson

Free-PhotosによるPixabayからの画像 

こんにちは!ゆうぞうです。

久しぶりにAppen 9 (Appen China)から招待があったのでご紹介したいと思います。

「ラベリング」とは、コンテンツの種類分けをすることだと思います。

 

説明の途中ですが、先にお知らせしておきます。この度Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

 

 

招待メールの内容

「こんにちは。

Appenに興味を持っていただき、ありがとうございます。このメールは、アペン9プラットフォームの新しいプロジェクトに正式に招待するためのものです。

このプロジェクトへの招待を受けるには、アペン コネクト パスワードを使用してアペン チャイナ プラットフォームにオプトインし、書類を作成してください。

登録の際、支払いはアペン・コネクトで処理されるため、アペン・コネクト・アカウントで使用したEメールアドレスを必ず使用してください。また、アペン9プラットフォームの請求書はアペンコネクトで処理されます。資格認定に合格した場合、アペン・コネクトで請求書を提出し、支払いはPayoneerで行われます。

仕事の責任

1. 日本語記事のコンテンツラベリング

2. 記事のラベリング品質管理

3. コンテンツソースの発見、日々のコンテンツ運用、関連コンテンツのレコメンド&プッシュ

仕事の要件

1. 日本語/ニュース/メディア関連の専攻で学士号以上を取得していること。

2. 2. ニュースや時事問題に興味がある。優れた政治的感性と洞察力を持つ方

3. インターネットメディアや伝統的なメディアでのニュース編集やオペレーションの経験があること

4. モバイルインターネット業界に精通していること。インターネット管理に関する法律や規制をよく理解していることが望ましい。

5. 強い責任感、優れた実行力、忍耐力と慎重さ、優れたチームワーク精神が必要。

6. 6.チーム内でのコミュニケーションを円滑にするため、中国語または英語が堪能であること

このプロジェクトは少なくとも1年間継続します。履歴書を xxxxx@appen.com (メールアドレスは伏せてあります)

までお送りください。面接の手配については、こちらからご連絡させていただきます。」

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

うーん、

日本語/ニュース/メディア関連の専攻で学士号以上を取得していること。
・ニュース編集やオペレーションの経験があること
・中国語または英語が堪能であること

このプロジェクトを受けられる資格のある人は結構限られるような気がしますね、、、。でも参加する場合はしっかり報酬額と報酬の支払われ方などをしっかりとチェックしておきましょう!

PhilippsaalによるPixabayからの画像 

アンドロイドユーザーに!AppenプロジェクトSourisとは?

アンドロイドユーザーにおすすめ!AppenプロジェクトSourisとは?

Free-PhotosによるPixabayからの画像 

アンドロイドユーザー限定のプロジェクトです。ボクはiphoneユーザーなので参加できません、、、。

インビテーションメールの和訳


「私たちは、この機会にあなたと一緒に仕事ができることを嬉しく思います。この新しいプロジェクトに参加することで、音声認識AIの向上に貢献してみませんか?Project Souris!

このプロジェクトでは、Android端末の音声認識技術の向上を目指しており、このプロジェクトに参加していただけるネイティブスピーカーの方を募集しています。

 

説明の途中ですが、先にお知らせしておきます。この度Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

 

必要条件

・上記の地域のネイティブ・スピーカーであること(18歳以上)。
・英語が堪能であること。母国語で音声を録音しますが、ガイドラインやシナリオは英語で書かれています。
Androidデバイス(携帯電話/タブレット)を持っていること – iPhone/iPad/コンピュータは使用できません。
・安定したインターネット接続環境があること

このプロジェクトの詳細は、Appen Connectのプロフィールにあるプロジェクトページでご覧いただけます。詳細や応募をご希望の方は、下記のプロジェクト名をクリックしてください。

プロジェクトSouris

皆様のご参加をお待ちしております。

 

注:現在、このプロジェクトには限られたポジションしかありませんので、できるだけ早くご興味を示していただいた方を優先させていただきます。ご連絡をいただく前に募集枠が埋まってしまった場合は、再度募集が開始され次第、ご連絡を差し上げるリストに登録されます。これらのポジションは頻繁に募集されますが、将来の募集のためには、すでに興味を示していただいた候補者を優先します。」

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

All Projectsの説明

必要条件

Language Country
Spanish United States
Japanese Japan

・上記の地域のネイティブスピーカーであること(18歳以上)。
・英語が堪能であること。母国語での録音は可能ですが、ガイドラインやシナリオは英語で書かれています。
・Androidデバイス(携帯電話/タブレット)を持っていること – iPhone/iPad/コンピュータは使用できません。
・安定したインターネット環境があること
スピーチ・レコーディングをどのように行うか、シナリオと設定が与えられます。
どのシナリオと条件が与えられるかはランダムです。
個人の場合は最大4つのシナリオ、パートナーがいる場合は最大6つのシナリオが割り当てられます。
タスクの割り当ては空き状況によります。シナリオが割り当てられたら、次のシナリオに割り当てられる可能性を高めるために、速やかに作業を行ってください。


USA-ReisebloggerによるPixabayからの画像 

まとめ

アンドロイドユーザー向けのプロジェクトで指定された地域のネイティブな発音の文章などをサンプリングして音声認識AIの向上を目指すのが目的のようです。募集枠が少ないようなので早めのアプライをおすすめします♪

写メで稼げるプロジェクトBurbankをやってみた!Appen

写メで稼げるプロジェクトBurbankをやってみた!

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像 

 

Burbankとは

数あるAppenのプロジェクトの中でも、とても楽しいBurbankのタスクをやってみました。

BurbankとはAIの画像認識機能を発達させるためにたくさんのお題の画像をサンプリングするというプロジェクトです。請け負った側は出されたお題の写メを撮ってAppenに送ります。

シンプルで楽しいプロジェクトですね♪

Burbankについての記事はこちら

そういえば、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

どんな写真を撮るの?

Burbankを始めるに当たってAppenのアプリをスマホにダウンロードする必要があります。アプリにログインするとアプライしたプロジェクトが並んでいるページになります。

そこでBurbankを選択するとタスクページに行くことができます。※タイミングによってはタスクがない場合もあります。

今回のボクのタスクは、鏡、砂、土、濡れた砂、砂のアート、、、など砂に関するものが多かったです。

画像を撮ると、接写なのか遠くからか、撮影時間はいつか、縦か横どちらの構図なのか、などの質問に答えて送信します。

これを全てのタスクで行うとタスク終了です。
Free-PhotosによるPixabayからの画像 

まとめ

撮影するために外出しなければならない場合もありますが、それも含めて楽しむことができるプロジェクトだと思います。

スマホで写真を撮るだけ!プロジェクトBurbankに参加しょう♪

スマホで写真を撮るだけ!プロジェクトBurbankに参加しょう♪

fancycrave1によるPixabayからの画像 

Burbankの概要

Burbankのお話の前に、何ですが、、、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

AppenからプロジェクトBurbankの招待メールが届きました!

「この度はAppenに興味を持っていただきありがとうございます。この度、新たに「Project Burbank」の募集を開始しましたのでお知らせします。

あなたの写真力を発揮できる楽しいプロジェクトをお探しですか?私たちは、大手ゲーム会社の研究とトレーニングのために協力しています。

あなたは、鏡、閉じたドア、テレビなど、8つの様々なカテゴリーの写真をたくさんアップロード/撮影することが求められます。

短期で稼げる可能性があります。

応募条件

スマートフォンをお持ちの方

カテゴリーによっては、屋外での撮影が必要な場合があります。

 

報酬

表示されるインセンティブ(出来高)の金額は、8つのカテゴリーがすべてアップロードされ、受理された場合に表示されます。8つのカテゴリーをすべてアップロードするか、1つのカテゴリーだけをアップロードするかはあなた次第です。奨励金の分割は、通過した写真の枚数に応じて適用されます(例)。

報酬総額=6ドル(例:プロジェクトタイルに記載されているレートをご参照ください。
6.00ドル÷8=1枚あたり0.75ドル、ビデオを5枚通した場合=3.75ドル(お支払い額

始める準備はできていますか?携帯電話を持って、想像力を働かせて、プロジェクトをクリックして、今すぐ興味を登録してください。

以下の手順でご応募ください。

Appen Connectアカウントにログインし、ダッシュボードの「すべてのプロジェクト」タブで「Burbank」を検索し、「応募する」ボタンをクリックするか、下記のプロジェクト名をクリックして応募してください。

 

報酬は少し少なめですが、写真を撮るだけでお小遣い稼ぎができるのはちょっと楽しいですね。いつもパソコンの前に座ってタスクをしている方なら気分転換にいいかもしれませんね。

プロジェクトBaffinってどんな感じ?Appenアッペン副業

プロジェクトBaffinってどんな感じ?Appen

cocoparisienneによるPixabayからの画像 

Baffinの概要

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

プロジェクトBaffinの内容はだいたいこんな感じです。

「あなたは、金融ニュースを読んだり、さまざまな金融市場の動きを知ることが好きですか? 

プロジェクトBaffinがあなたにぴったりな理由は以下のとおりです。

通勤時間がなく、フレックスタイム制で、好きな時に自宅で仕事ができます。このプロジェクトでは通常、週7日の勤務が可能です。
面白くてためになる仕事 – お金をもらいながら、さまざまなニュース記事や情報に触れることができます。
達成感 – 金融ニュースのエンドユーザー体験をより良いものにすることができます。
気配りのあるマネージメントチーム – プロジェクトマネージャーがいつでもあなたをサポートします。」

なんだか面白そうなプロジェクトですね。金融ニュースに興味のある方にはよさそうですね。

Baffinについて

Baffinプロジェクトは、3つの関連するタスクで構成されています。最初のタスクの結果は、2番目のタスクの作業に反映され、その後も同様です。 検索されるトピックやエンティティは様々な金融ニュースから引用されるため、金融ニュースについて理解している必要があります。

1. 名前付きエンティティ認識(NER)。

最初のタスクは、与えられた文の中にあるすべての名前付きエンティティを識別することです。名前付き実体を識別したら、その実体を5種類の実体のいずれかに分類する必要があります。

2. 2. 名前付きエンティティの説明(NED)Named Entity Description

タスクの2つ目の目的は、新しいストーリーの中で言及されたエンティティに最もマッチするエンティティ候補を特定することです。 対象となるエンティティの言及がハイライトされたテキストが表示されます。 タスクは、テキストの下に提示された候補エンティティのうち、ニュースストーリーで言及されたエンティティに最もマッチするものを選択することです。

3. 3.エイリアス:

3つ目のタスクはまだ未解決で、詳細は近日中にお知らせします。

う~ん、説明文だけではよくわからないですね、、、。でも3つの金融に関するタスクに対してもっともマッチするものを選ぶ仕事なんだと思います。

応募資格

あなたが住んでいる国で働く資格があること。
すべての仕事は、あなたが住んでいる国で行われなければなりません。
海外旅行中の作業も可能です。
公共の場での作業は禁止されており、共有されていないコンピューターで作業を行う必要があります。
週の最低作業時間は10時間です。
作業負荷は変動するため、最低時間数を保証するものではありません。
勤務は月曜日から日曜日までです。
決められた時間内に作業を終える必要があります。

必要なツール

Microsoft Windows(7以上)またはMAC OSのオペレーションシステム。
1024×768ピクセル以上の画面解像度
安全なインターネット接続環境
ブラウザはChromeまたはFirefoxを使用してください。
ウイルス対策ソフトやマルウェア対策ソフトがインストールされていること

必要なスキル

ディテール重視で、主観的な作業と文字通りの作業の切り替えができる方。
金融市場や専門用語をある程度理解していること。
柔軟性があり、学習意欲が高く、コミュニケーション能力が高い方。
勤務先の国に連続5年以上居住していること。
居住国の言語を母国語またはそれに近い形で理解していること。
英語の書き言葉と話し言葉に強いこと。
インターネットに精通しており、より理解を深めるために効果的なサイドサーチができること。
コンピュータを使ったタスクに取り組めること。
独立して仕事ができる方。

資格取得プロセス

資格認定プロセスでは、通常、30問程度のNER問題を用いたテストを受けていただきます。
プロジェクトに参加するために必要なスコアはかなり高いので、ガイドラインをよく読み、タスクを十分に理解してください。
ご注意:すべての資料は英語で書かれています。
テストに合格した方には、プロジェクトへの参加が許可されます。
プロジェクトに関するいかなる情報も、誰かに話したり共有したりしてはいけません。
資格認定プロセスへの参加に対する報酬はありません。

www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

どこまでの金融の知識が必要なのかわかりませんが、合格するのはけっこう難しいのではないかと思われます。でもずっと募集しているところを見ると、合格したら長期の仕事になるかもしれませんね。また体験したらご報告しますね♪

自分の顔がお金に!?プロジェクトAdige IIって?Appenアッペン

自分の顔がお金に!?プロジェクトAdige IIって?Appenアッペン

Myriams-FotosによるPixabayからの画像 

Adige IIの概要

Adige IIは自分の顔の表情などをアプリで読み込んでAI顔認識や、人間の表情などを読み取る技術のサンプリングをするというプロジェクト。報酬が高いのが気になりますね。早い者勝ちみたいですよ!

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

Adige IIの内容はだいたいこんな感じです。

「大手テクノロジー企業と一緒に、スマートフォンのカメラの品質と機能の向上に貢献しませんか?スマートフォンの顔認識を改善しよう。

顔認識技術の向上に貢献することが好きで、自分が撮影した写真を公開しても構わないという方には、このプロジェクトが最適です。

このプロジェクトでは、日中、スマホを起動すると自動的に顔が写るアプリをダウンロードしていただき、1日数分だけ、キャプチャの投稿を可能にしていただきます。また、プロジェクトの実施期間中、少なくとも30日間は顔写真を投稿していただきます。30日間のプロジェクト期間中、合計で3~10時間程度を費やすことになるでしょう。」

なんだか面白そうなプロジェクトですね。自分の撮影した画像をネットに公開してもいいと思うか方には最適なんじゃないでしょうか?

PexelsによるPixabayからの画像

報酬

報酬もすごく気になります。何と$220/task!3~10時間程度でこの報酬なら、例え10時間掛かったとしても時給換算で$22/hということになります。早くアプライした人から採用になると書いてあるので、見つけたらとりあえずアプライしておきましょう。今回ダメでも定期的にタスクは出てきそうです。

ボクはまだ選ばれてませんが、、、。また体験したらご報告しますね♪

プロジェクトPoppleってどんな感じ?Appenアッペン副業

プロジェクトPopple

Watson HuangによるPixabayからの画像 

こんにちは!ゆうぞうです♪今日は新しいプロジェクトPoppleについて少し解説します。

その前に、Appen Evaluators’ Café のオンラインサロンのリンクをサイドバーに設置しました!

これです↓

Appenの仕事を行う上で疑問に思うこと、困ったことなどみんなで話し合って解決しませんか?会員限定のコミュニティーなので安心です♪

All ProjectsのPoppleの説明を和訳しました。

ポップル|検索エンジンエバリュエータ-

与えられた検索クエリとそのクエリが発信されたユーザーの現在位置によるトップ3の結果の正解を導き出します。検索結果の改善にご協力ください。

検索結果がユーザーのニーズをどれだけ満たしているかを判断し、ユーザーの意図を理解するセンスを持ったサーチエンジンエバリュエーターを募集しています。

・長期のプロジェクト
・お客様のスケジュールに合わせた柔軟な勤務時間
・週の労働時間に制限はありません(タスクがある場合)

応募条件

・週に最低10~15時間(タスクがある場合のみ)
・デスクトップまたはラップトップのみ、携帯電話やタブレットは不可
・MAC OSが望ましいですが、必須ではありません
・英語力

プロジェクト概要

・タスクは週に最低10時間。現在時間数の上限はなし。

・長期的なプロジェクトだそうです。

・タスクの内容は、ユーザーの位置情報を参考にクエリを理解し、それが有効かどうかを判断することです。提示された12のURLをすべて確認した後、クエリとの関連性に基づいて上位5つのURLをランク付けします。

・Qualification Quizは90%が合格ラインで、チャンスは2回。

・クイズのリンクを受け取ったら5日以内にクイズを完了してください。

・クイズ合格者にはスコア結果が知らされます。

・次に小テストを受けて合格したらウェルカムメールが送られてきます。

・クイズに合格すると、タスクの空き状況についての詳細が知らされます。

・ウェルカムメールはクイズ合格から1週間を予定しておりますが、場合によってはそれ以上かかることもあります。

・仕事のクオリティが基準を下回った場合、プロジェクト管理者が役立つヒントを提供します。妥当な期間内に評価が改善されない場合は、プロジェクトから外されることがあります。

・資格認定プロセスへの参加に対する報酬はありません。

Watson HuangによるPixabayからの画像 

作業要件

すべての作業は、あなたの居住国で行う必要があります。

公共の場での作業は禁止されており、共有されていないコンピューターで作業を行う必要があります。

週の最低製造時間は、タスクが利用可能な場合に限り、週10時間とします。

作業量は変動する可能性があり、仕事は先着順に行われるため、最低時間数は保証されません。

勤務時間は日曜日から土曜日までです。

ご自身のスケジュールに合わせてご利用ください。

 

必要なスキル

 

細部にまで気を配ることができる方(この業務では細部にまで注意を払う必要があります

柔軟性があり、学ぶ意欲があり、コミュニケーション能力が高い方。

居住国の言語を母国語またはそれに近い形で理解していること

英語の筆記および会話ができること

インターネットに精通しており、理解を深めるために効果的なサイドサーチができること。

独立して仕事ができること

感想

長期のプロジェクトだと書いているので、クイズに合格できたらラッキーなんじゃないでしょうか。でも気になるのは現在(2021年5月上旬)タスクがないと表示されていることです。コロナ禍でエバリュエータ-が増えているのかもしれませんね。最近の傾向としては新しいプロジェクトが発表されたらできるだけ早めにアプライして早めに仕事を始めることをおすすめします。

 

スマートスピーカーで参加!AppenプロジェクトAtascadero

スマートスピーカーを持っていれば参加可能、プロジェクトAtascadero

こんにちは!ゆうぞうです。今回はスマートスピーカーを持っていたら参加できるプロジェクトのご紹介です。

Free-PhotosによるPixabayからの画像 

プロジェクトAtascadero

All Projectsに進んで見るとAtascaderoの説明はこんな感じです。2021年4月現在。DeepLで翻訳しました。

Atascadero Q4 2020|データコレクタ
スマートスピーカーのユーザー行動調査(Atascadero Q4 2020)
Appenは現在、Amazon EchoやGoogle Homeなどの家庭用スマートスピーカーとの日々のやり取りの質をどのように向上させることができるかを理解するための研究を行っています。その一環として、現在、この種の家庭用スマートスピーカーへの音声コマンドのトランスクリプトを共有する参加者を募集しています。

ホーム・スマート・スピーカーを通じて音声アシスタントを定期的に使用している方を募集しています。本研究の参加者は、以下の国に居住し、スマートスピーカーに対応する言語を使用していることが求められます。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

どんなプロジェクト?

今ではAmazon EchoやGoogle Homeなどの家庭用スマートスピーカーを利用している人が沢山います。Atascaderoはそのようなスマートスピーカーと人が日々どのようにやりとりをしているのかをサンプリングするのが目的のプロジェクトです。

このプロジェクトに携わるということは、これからのテクノロジーの発展の一端を担ってるような気分でちょっとワクワクしますね。

ben donによるPixabayからの画像 

スマートスピーカー持ってる方は是非チャレンジしてみてください。このプロジェクトのサポートチームから「新しいタスクがありますよ」的なメールがすごくたくさん来るので、参加者が少ないんじゃないかとボクは思っています。狙い目ですね。

実はこのプロジェクトがしたくて2,000円弱のスマートスピーカーを買いました。でも、新品で買ったのにどうしても音が出ないので、部屋の飾りになっています、、、。Googleに問い合わせたら、正規店で買ってないものは保証できないと言われました、、、。皆さんは正規店で買いましょう!