自分の顔がお金に!?プロジェクトAdige IIって?Appenアッペン

Myriams-FotosによるPixabayからの画像 

Adige IIの概要

Adige IIは自分の顔の表情などをアプリで読み込んでAI顔認識や、人間の表情などを読み取る技術のサンプリングをするというプロジェクト。報酬が高いのが気になりますね。早い者勝ちみたいですよ!

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

Adige IIの内容はだいたいこんな感じです。

「大手テクノロジー企業と一緒に、スマートフォンのカメラの品質と機能の向上に貢献しませんか?スマートフォンの顔認識を改善しよう。

顔認識技術の向上に貢献することが好きで、自分が撮影した写真を公開しても構わないという方には、このプロジェクトが最適です。

このプロジェクトでは、日中、スマホを起動すると自動的に顔が写るアプリをダウンロードしていただき、1日数分だけ、キャプチャの投稿を可能にしていただきます。また、プロジェクトの実施期間中、少なくとも30日間は顔写真を投稿していただきます。30日間のプロジェクト期間中、合計で3~10時間程度を費やすことになるでしょう。」

なんだか面白そうなプロジェクトですね。自分の撮影した画像をネットに公開してもいいと思うか方には最適なんじゃないでしょうか?

PexelsによるPixabayからの画像

報酬

報酬もすごく気になります。何と$220/task!3~10時間程度でこの報酬なら、例え10時間掛かったとしても時給換算で$22/hということになります。早くアプライした人から採用になると書いてあるので、見つけたらとりあえずアプライしておきましょう。今回ダメでも定期的にタスクは出てきそうです。

ボクはまだ選ばれてませんが、、、。また体験したらご報告しますね♪