Appen China(Appen 9)アッペンチャイナって登録すべきなの?

こんにちは!ゆうぞうです。今回はAppen China やAppen 9などAppenに参加すべきかどうかを考えます。

立 重立によるPixabayからの画像 

Appen Chinaとは

2020年の中盤に世界中のAppenエバリュエータ-達にAppen Chinaという新しいAppen中国プラットフォームから招待状が届きました。Appen Chinaとも呼ばれています。Appen Chinaに登録すると、Appen ChinaでのみアクセスできるプロジェクトAppen 9」にもアクセスできるようになり、より沢山のプロジェクトの選択肢がふえました。

しかし初めはたくさんのエバリュエーター達から「怪しいんじゃないの?登録しても大丈夫?」という声が届きました。

AppenはグローバルなAI開発機械学習ソリューションのホットな市場である中国プラットフォームを置き、中国のクライアントを見据えて、中国のエバリュエーターAppenのプロジェクトをつなぐ役割としてAppen Chinaを設置したと言っています。

今のところプロジェクト参加の案内はAppen Connectに登録したメールに直接送られてきます。

それはそうと、Appen Evaluators’ Caféのオンラインサロンが出来ました!Appenのお仕事をしていく上で悩んでいることや疑問などを一緒に話し合いませんか?ご参加はこちらから♪

Appen China って安心・安全なの?

何を持って安全か?ということで捉え方は変わってきます。

Appen Chinaに登録するにあたってAppen Chinaきちんとした組織なのか、報酬は問題なく支払ってくれるのか、というところがまず気になってきますよね。Appen ChinaAppen中国支部として、複数の著名な投資家から出資を受けて進出している合法的な企業であることは間違いないようです。

しかし、ボク達の個人情報Appen Chinaで安全に保管され、オンラインプライバシーが保護されているかどうかという場合は、すこし解答が難しいかもしれません。

複数のAppenのエバリュエータ-が、コンピュータを初期化することでしかアンインストールできないセキュリティアプリインストールを要求されたと報告しています。このタイプのソフトウェアは、PC上で起こるすべてのユーザーの活動を監視するために使用される可能性があるという疑惑があるとききます。また、必要なソフトウェアをインストールした後、コンピュータがにな不安定ったという報告もあるそうです。

中国国内で活動するすべての外国企業は、中国のサイバーセキュリティシステムの対象となります

国際法律事務所ハリス・ブリッケンの中国法ブログによると、「このシステムは、中国国内の外資系企業にも、中国のすべての個人、団体、個人と同様に適用されます。中国国内にあるサーバーに含まれる情報は、政府のフルカバレッジプログラムの対象外となります。中国との間の、または中国との間の通信は免除されません…. すべてのデータは中国政府に公開され、利用可能となる。」となっています。

Appen Chinaのプロジェクト

Appen China で募集しているほとんどのプロジェクトが、音声を聞いて文章にするトランスクリプションなどです。今一番人を集めているのが日本でも行われているAragornです。ボクも参加しています。

ボク自身はBryantというAragornの前に募集があったトランスクリプションのプロジェクトにも参加していました。

報酬は?

ほとんどの国では、Appen Chinaでのトランスクリプションの文字起こしプロジェクトの平均賃金は、1時間あたり約15ドルです。一見これはまともなレートのように見えるかもしれません。しかし、1時間の音声を書き写すのにかかる時間は最低でも平均5時間ですので、実際のレートは何と1時間あたり3ドル以下になります。これは、Appen のほとんどのプロジェクトのレートをはるかに下回っています

驚愕の時給!

まとめ

今のところ、Appen ChinaのプロジェクトはAppen エバリュエータのグループのユーザーレポートを見てもネガティブな評価が多いです。

とはいえ、Appen ChinaによるAppen 9プロジェクトに参加すべきかどうか考えていきたいと思います。

Jeremy ZhuによるPixabayからの画像 

参加しないほうがいい理由

報酬が低い

BryantArgornの両方に参加した経験からいうと、報酬は無茶苦茶低いです。それも最初から明確に低いのではなく、参加している人のほとんどが、仕事をし終わってインボイスの数字を見て気付く感じだと思います。

Argornについては提出されたタスクを二重にチェックしてから報酬を出すので報酬が出るまでに2~3ヶ月かかると言われます。なので最初の月や2ヶ月目の報酬が低くてもそんな感じかなと思ってしまいます。

他国のエバリュエータ-はAppen Chinaのサポートチームの質の悪さを指摘しる人が多いですが、ボクの印象では日本担当のチームの人は親切丁寧なサポートをしてくれていると感じました。

そのサポートの良さも低賃金でありながら日本のエバリュエータ-が離れない理由なのではと思いました。プロジェクトのグループチャットで低賃金へのクレームを強い口調で指摘している方もいましたが、「あなたの仕事量が少ないから。あなたの倍以上稼いでいる人も実際にいます。」というような事を言われていました。

それを聞いたときは、ボクももっとタイピングがもっと早ければ、、。と自分の能力の無さが低賃金を招いているように思ってしまいましたが、ボクの貧弱な能力でも時給$3以上の仕事なんてたくさんあるので笑、自分に合ってないと思ってリタイヤしたほうがいかもしれません。

でも仕事自体は割と気に入ってました。有名な講演家の講演やユーチューバーの熱弁をトランスクライブするのは新しい知識も得ることができて「なるほど~」なんて思いながらやってましたから。

これで報酬が一般的なAppen並みならねぇ

セキュリティ上の脅威のリスク

Appen Chinaは、コンピュータを工場出荷時の設定にリセットすることでしか削除できないソフトウェアのインストールを要求することがあります。多くの人にとって、このソフトウェアが何をするのかは明確ではなく、PCのパフォーマンスを低下させる可能性があるという報告があります。ボクもよく分からずそのソフト(Cloud Shellだと思う)をよく考えずにインストールしてしまっていますが、何だかPCが遅くなったような気がしています。

プライバシーの脅威のリスク

懸念ではありますが、PCから個人情報やデータを収集して、中国政府と共有することができる可能性もあるらしいのです。特に欧米諸国のエバリュエーター達がこの事を心配しています。絶対にそうなるというわけではありませんが、中国で事業を行う起業中国政府にデータを渡せと言われた場合、それに従わなければいけない法律があるのです。

プロジェクトの欠如

少なくとも今のところ、Appen9で利用できるプロジェクトは非常に少ないです。

参加したほうがいいかもしれない理由

Appenの新しい取り組みに早い段階から参加しておいたほうがいいんじゃないかという意見もあります。それは、Appen China初期参加者になることは、長期的には有益なことかもしれないというのです。今はまだあまりいいとは言えない段階ですが、Appenが参加者の意見を考慮に入れて、将来的にAppen 9より良いものにしてくれる可能性があるので、今のうちにこのプラットフォームに参加しておいたほうがいい、という考え方です。

まとめ

※今回は内容がすごく良かったので、SEARCH EVALATOR BLOG さんに書かれた情報を翻訳して少し参照させていただきました。

ボク自身、Appen China(アンインストールに初期化が必要で、インストールしてしまうとUSBや記憶媒体が一切使えなくなる)ソフトを大して説明も読まずにインストールしてしまいました。

丁度Appenのほうでできる仕事が減っていたという心の弱さもあったのですが、それを除いたとしても現在のAppen Chinaのプロジェくトでは作業量に見合った報酬を得られるのはほんの一握りだと思います。まだAppen Chinaの体制が整っていない初期の段階から参加しておくと後にメリットがあるという考えかたも少し楽観的過ぎる気もします。

参加するかどうかはあなたが決めることですが、Appen Chinaの情報はまだあまりネット上で語られてないので、AECafé のトピックとして取り上げてみました。ご参考にしてください♪